さくら建設による鎌倉山二丁目の開発計画に関して、鎌倉市まちづくり条例に基づいて開催された鎌倉市まちづくり審議会を傍聴しました。

委員から以下のような意見がありました。

  • 当該地は市街化調整区域であるにもかかわらず、このような開発が行われた事に対して市の姿勢が問われている。
  • この案件をまちづくり審議会でやるには無理がある。開発審査会にかけるべきではないか。
  • 市は自治会と事業者の民ー民問題にすり替えることなく、主体的に行動するべきである。

今後は、私どもが開催を請求している公聴会に参加し、勉強会も行った後に、市に対して諮問するとの事でした。

鎌倉市まちづくり条例に伴う手続状況は、以下をご覧ください。

http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/tochiriyou/kaitetu/26-2.html