さくら地所が鎌倉市に対し、鎌倉山二丁目の開発に関して、至る道路の幅員が4m以上あるとを認め早急に開発を許可するよう求めていた訴訟に関して、平成28年1月27日に横浜地方裁判所にて判決が申し渡されました。

判決は「却下」であり、さくら地所の訴えは認められませんでした。